作者名称 国旗国籍

mirei

EN

JP

2019.04.04 01:52

今日は本'心'の2番目、'両親と私'を読みました。
主人公の父親がますます危篤になる過程を語っています。 読みながらおば

あさんのことがたくさん思い出しました。でも私の視点より,父と叔父の時点で理解できました。
葬儀場で私はただ泣いていた時,父と叔父は泣かなかったです。 しかし,主人公のようにたくさんのことを考えながら,心の中で悲しかったと思います"。
そして先生に来た手紙はとても今日読む勇気が出ませんでした。
79 9

Download the HelloTalk app to join the conversation.

Comments

  • 李しらやま 2019.04.04 02:01

    JP
    KR

    EN

    RU

    なつかしい! 高校生の時に夏休みの課題で読みました!
  • mirei 2019.04.04 02:04

    EN
    JP

    @李しらやま いい本です 👍
  • hasseiden 2019.04.04 11:29

    JP
    EN

    お父様と叔父様の気持ち、そのとおりだと思います。mireiさんも、ゆっくり悲しみを癒してください。
  • ayaka 2019.04.04 13:13

    JP
    EN

    大好きな本です。 私は夏目漱石を尊敬しています。 美しい日本語です。
  • mirei 2019.04.04 14:08

    EN
    JP

    @hasseiden はい、ありがとうございます
  • mirei 2019.04.04 14:08

    EN
    JP

    @ayaka はい,私も尊敬します。
  • Takuya 2019.04.05 21:01

    JP
    EN

    お元気そうで本当に安心しました 😄
  • mirei 2019.04.05 22:35

    EN
    JP

    @Takuya ありがとうございます!
  • Masaru 2019.04.05 23:01

    JP
    EN

    読みながらおばあさんのことたくさん思い出しました。

    読みながらおばあさんのことたくさん思い出しました。

    でも私の視点より,父と叔父の点で理解できました。

    でも私の視点より,父と叔父の点で理解できました。

    葬儀場で私ただ泣いていた時,父と叔父は泣かなかったです。

    葬儀場で私ただ泣いていた時,父と叔父は泣かなかったです。

    しかし,主人公のようにたくさんのことを考えながら,心の中で悲しかったと思います"

    しかし,主人公のようにたくさんのことを考えながら,心の中で悲しかったと思います。

    そして先生に来た手紙はとても今日読む勇気がませんでした。

    そして先生に来た手紙は、今日はとても読む勇気がありませんでした。

Open HelloTalk to join the conversation