作者名称 国旗国籍

Eman vip

EN

CN

JP

ID

2021.05.09 14:39
コロナのせいで大学の授業が全面onlineに変わってからもう一年以上経ったのでみんなonline授業に慣れている。アメリカの雰囲気ってすごく自由だから、最初は何かをモグモグしながら授業を受ける学生たちの姿を見て、いますぐ食べなきゃ餓死なの?一時間半我慢できない?みたいに不満もあったけど、毎日5時間以上のビデオコール(ZOOM)の連続なので自分もちょっと食べたい時がある。

受けている授業もあるけどやっている授業もあるので私は先生の立場として範を示そうとする。というより、範を示さなきゃならない。でもみんな自分の家で、自分の部屋で授業を受けているから生活のバウンダリーを保つのが難しい。食べるところも寝るところも勉強するところも一緒になっているから。スクリーンを見ていたら急に学生の頭の後ろにまくらが現れる。

数日前、学生たちと個人面談をすることがあった。ZOOMには小会議室という「online密室」があって参加者全員を小グループに分けることができる。それで学生たちを一人個室に入れて待たせて私がつぎつぎ訪ねる形で面談をやった。みんなはカジュアルな服を着てカジュアルな様子で先生を迎える。しかもみんな世界各地に散らばっていて誰かにはこの時間が朝、誰かには午後、私には夜中だ。一番プライベートだと言えるベッドルームを、しかも夜中につぎつぎ訪ねながら二人だけで話し合うのがものすごく奇妙な経験だった。いまどれだけ非日常的な世界になっているのかはっと気づいた。
57 4

Download the HelloTalk app to join the conversation.

Comments

  • ha na 2021.05.09 14:42

    JP
    EN

    大変ですね💦
  • Lily 2021.05.09 14:43

    JP
    EN

    共感できます、💦 大変な世の中になってしまいましたが、始まりがあれば終わりがあると信じて頑張るしかありません🤝
  • nalu 2021.05.09 14:45

    JP
    EN

    とても共感できます!online授業は、学生も先生も、ONとOFFの切り替えが難しい💦
  • Sherry 2021.05.09 15:41

    JP
    EN

    今までもバーチャルはあったけれど、この1年で急激に日常化して、 TVのアンカー(アナウンサー) までが自宅からニュースを読む時があって今まで雲の上のアンカーにも自分と同じようなプライベートな生活がある事も見えて… バーチャルでも日常が進む非日常だけれど、直接授業を聞いたり、会議をしたい。 同じ空間にいることで感じるvibesって絶対ある気がする。

Open HelloTalk to join the conversation