作者名称 国旗国籍

Renzoh

EN

JP

2019.05.14 16:53
日本人は、英語発音と聞き取り能力において苦労してきました。これは日本人の能力のせいではなく、長い間ある勘違いをしていたことが原因です。ずばり、英語は喉で発音するものなのです。日本語で言うと首にあたる部分の喉です。ネイティブの声が、日本語よりも深く、立体的に響くのには、わけがあったのです。口発音の日本人がネイティブの発音ができないのは当然のことでした。
また、日本語と英語ではリズムが違います。日本語のリズムは2ビートで、英語のリズムは3ビートなのです。リズムが違うのですから、同じように話すことは無理なのです。これまでの日本人の英語の喋りかたは、ワルツで盆踊りを踊っているようなものだったのです。実は3ビートさえこころがけておけば、これまで強調されてきたイントネーションとかアクセントの位置などは全て忘れてもよいのです。
本書では、英語ネイティブがしている喉発音、そして3 ビートを理解し、練習してもらいます。短期間で、英語ネイティブと同じ発音が身につき、音の聞き取りが100%できるようになります。


http://eigonodo.com
56 5

Download the HelloTalk app to join the conversation.

Comments

  • Rinako 2019.05.14 16:54

    JP
    EN

    なるほど!!!!!!知らなかったです。
  • Ken 2019.05.14 16:54

    JP
    EN

    すばらしい考察ですね。本当にその通りです。
  • Hayashi 2019.05.14 17:02

    JP
    EN

    抑揚をつけて英語を話すのが難しいと感じます。 リズムで考えたことはなかったので、驚きました!
  • Bacon 2019.05.14 17:40

    JP
    EN

    ビートの喩えはよくわからない。
  • Junko 2019.05.21 23:05

    JP
    EN

    日本人で歌が上手い方は、英語の発音が上手い方が多いです!🙆

Open HelloTalk to join the conversation