作者名称 国旗国籍

Adam

EN

JP

2020.11.02 18:51

このloveの俳句の翻訳について何と思いますか?💟
大抵5-5-7-5の分の順番がありますね。
でも、翻訳をすれば英語で

違うようになります。
翻訳する人は難しい仕事があるでしょう!🤯
翻訳したら内容と意味だけじゃなく言葉の音や言葉の順番など良く考えなければなりません!🔍
この俳句が好きですか?
大抵俳句は季節の関係があるですよね。⛰🏞☃️
時々、俳句はこのルールを守らないですか?
英語でこの俳句は神秘的だと思います。
54 12

Download the HelloTalk app to join the conversation.

Comments

  • Chieko 2020.11.02 22:47

    JP
    EN

    このloveの俳句の翻訳について何と思いますか?

    このloveの俳句の翻訳についてどう思いますか?

    翻訳する人は難しい仕事があるでしょう!

    翻訳する人はとても難しいでしょう!

    大抵俳句は季節関係があるですよね。

    大抵俳句は季節関係があるですよね。

  • Kasumi 2020.11.02 18:56

    JP
    EN

    日本語の文字数や響に合わせて作られたものは翻訳しづらいし、日本語のままで理解したほうがいいですよね
  • kawabtru 2020.11.02 19:07

    JP
    EN

    俳句にはいろいろなルールがあって、季語という季節の言葉を使う必要があります。 (無季俳句や、自由律俳句という、ルールを破った俳句もあります。) 川柳(せんりゅう)という、同じ5-7-5の定型詩があって、似ているけど違います。 …日本人でも区別は難しいです :(
  • Adam 2020.11.02 19:37

    EN
    JP

    @Kasumi そうですね! 私はかすみさんと同意します^_^
  • Adam 2020.11.02 19:39

    EN
    JP

    @kawabtru そうですかー じゃ、写真の中でみつぐらいだけ本当の俳句ですか?(春雨など) 人間は動物みたいに発情期があったら全部本当の俳句かなー😂
  • Megumi𓂀めぐみ 2020.11.03 11:12

    JP
    EN

    CN

    いいですね~この本🥰私も欲しいな、何てタイトルですか?
  • Adam 2020.11.05 13:01

    EN
    JP

    @ この本に悲しいloveの俳句みたいなこともありますよ😢 日本語で全然分からないけど英語でちょっとわかるようになれます^_^
  • Adam 2020.11.05 13:02

    EN
    JP

    @Chieko ありがとうございました😊 ちえこさんのお陰で自然な日本語を習えました^_^
  • Adam 2020.11.05 13:02

    EN
    JP

    @Megumi𓂀めぐみ Haiku - Love と言いますよ😁 悲しいのもありますけど😢
  • Megumi𓂀めぐみ 2020.11.05 14:12

    JP
    EN

    CN

    @Adam お~ ありがとう!そうですね、恋愛に悲しい話はつきものですね💔
  • michi.→未知 2021.01.02 10:55

    JP
    EN

    和歌もどうぞ。 篝火の影しるければうばたまの夜河の底に水も燃えけり さくらばな散りぬる風のなごりには水無き空に波ぞたちける        紀貫之 移香の身にしむばかりちぎるとて扇の風の行方たづねむ かきやりしその黑髮のすぢごとにうちふすほどは面影ぞ立つ       藤原定家 黑髮の亂れも知らず打ち臥せばまづかきやりし人ぞ戀しき        和泉式部 時雨かと驚かれつつふるもみぢ紅き空をも曇るとぞ見し 紅葉ゆゑ家も忘れて明かすかな歸らば色の薄くなるとて   源順
  • michi.→未知 2021.01.02 10:55

    JP
    EN

    追加。 露は霜水は氷にとぢられて宿借りわぶる冬の夜の月 二條院讚岐 空さむみこぼれて落つる白玉のゆらぐほどなき霜がれの庭 にくかりしやもめ烏もうれしきはただひとり寢るあかつきの空 柴の戸をたたくあらしの音寒み明くるものうき冬のつとめて 殷富門院大輔 夢通ふみちさへ絶えぬ呉竹の伏見の里の雪の下折 藤原有家 朝氷溶けなむ後と契おきて空にわかるる池の水鳥 守覺法親王 ふるままに跡絶えぬれば鈴鹿山雪こそ關のとざしなりけれ 藤原良通  わびねれば身をうきくさのねを絶えて誘ふ水あらばいなむとぞ思ふ 小野小町 いとどまた誘はぬ水に根をとめて氷にとづる池のうきくさ 後鳥羽院下野

Open HelloTalk to join the conversation