作者名称 国旗国籍

Enzo

EN

JP

2020.06.27 11:09

この世界には残酷なことをする人がいっぱいる。ぼくもそんな人だった。二十代に入って傷つく経験をして、初めて心を傷つけられた

人の苦しみを分かった。

その時思った、誰にもこの苦しみを経験して欲しく無い。

もちろんそんな理想的な考え方は幼いけど、そう思った。ぼくは馬鹿だからこうゆー子供らしい考え方をときどきしちゃう。だけど子供らしい考え方にも少しいいとこもあると思う。

溺れている蜂さんを助けて、刺されて、指が痛いのに蜂さんが死んじゃったから悲しんだり。

電車で泣いている人にティッシュをあげたり。

学校で友達がいない子に、"一緒に遊ぼう!"、て言ってあげたり。

ぼくはそういう大人になりたい。ぼくは大きな人では無い。だけど一人の人の涙をぼくのティッシュで乾かすことができたらそのことは忘れないと思う。
48 3

Download the HelloTalk app to join the conversation.

Comments

  • tami 2020.06.27 23:57

    JP
    EN

    宮沢賢治の『雨にも負けず』‥‥あなたにピッタリの詩です。
  • Enzo 2020.06.28 00:09

    EN
    JP

    ありがとう!ぼくは宮沢賢治が本当に大好きです、だからそうやって言ってくれて嬉しいです!
  • Enzo 2021.09.21 10:59

    EN
    JP

    @ このポストを書いてもう一年たつ。正直に言ったら一年前の僕の考え方は理想的すぎたと思う。

Open HelloTalk to join the conversation